フライトプラン Flight Plan ★☆

「母親がいってることが真実なのかそれとも気違いの戯言なのかというサスペンス」が、乗客やパイロットだけでなく、映画を観る我々にとっても判断が難しいくらいの演出になっていたら、もう少し面白かったかもしれないが、主役がジョディフォスターだし、この描き方では怪しいのは刑事の方だってことがはじめから分かってしまう。ハートマークの伏線も分かりやす過ぎるしね(笑)。あらかじめ夫を自殺にみせかけて殺してみたり、娘を機内の貨物室に閉じ込めたり、母親であり機体のエンジニアでもある女の心理まで分析して、死亡診断書まで書き替えてと、手の込んだ計画のわりには、作戦そのものに無理がありすぎて突っ込みどころが満載だ。だいたい恋人のスッチーがいざとなって自白しちゃうんじゃ、あんまりにも安易よね。いっそのこと、「実はあのスッチーが黒幕だった」ということが観客だけにわかるオチとかだったら面白いのに。「飛行機おたく」ならいざ知らず、もっと頭脳戦の部分を練ってもわわないと一般人は楽しめません。
[PR]

by kanai_77 | 2006-07-19 14:13 | ハ行  

<< キングコング KINGKONG ☆ めぐりあう時間たち The H... >>