フライト・オブ・フェニックス ★☆

予告編でたまたま観たときに期待した、おもしろくなりそうな要素がたくさんあるにもかかわらず、まったく描き方がなっていない。ダメ人間のあつまりであるはずの遭難者たちが、いかにサバイバルするか、それがテーマのはずなのに、自信家のパイロットが主人公である理由も最後までわからないし、模型飛行機の設計技師のキャラクターも、たんに不気味にしているだけで、結局「なーんだ」ってことになってしまったし、現地人に命を狙われる理由もいかにもアメリカ人が考えそうなところにとどまってしまっている。何より、サバイバルな危機感が全く伝わってこない。水や燃料の扱い方ひとつでそれへ執念とかが描けるはずなのに、道具にしても食料にしても描き方が雑すぎ。ダメ人間のあつまりであるはずの遭難者たちが、それぞれの特性を発揮し始めてうまくいくとか、調達の仕方を工夫して命がけで挑戦するとか、単純なアメリカン映画としたって、いろいろあるでしょーが。同じ設定で黒沢監督あたりが撮っていたら、名作になっていたかもしれないのになあ、と非常にもったいなく思った。
[PR]

by kanai_77 | 2006-01-22 13:51 | ハ行  

<< 卒業の朝 ★★★ サイドウェイ ☆ >>