ストレートストーリー ★★★


ジェットコースタームービーというジャンルがあるけれど、この映画は、いうなれば時速8キロのトラクタームービー。10年前に仲違 いをした兄に会うために、時速8キロのトラクターで6週間の旅をした73歳のアルヴィンお 爺さんの実話をもとに作られた作品。ロードムービーとして、道中に様々な出会いがあるわけだけど、仲違いをした兄はどんな風に彼を迎えるのか・・。いよいよあと少しで到着というとき、思わず立ち止まってしまうアルヴァン爺さんにこっちまでどきどき。そして、兄の家の前に立つ。来ることを伝えてなかったはずが自然とドアが開き、「それで来たのか?」「ああ」それ以上は言葉にできない、する必要もない。昔いっしょに星空を見上げたときの感情が10年という月日を一気に飛び越え、無言で抱き合う二人。けして仲がいいとはいえない姉のことなどを重ね合わせてしまった。役者リチャード・ファーンズワースの演技とデイヴィッド・リンチ監督の演出が最高。このお爺さんは、撮影後まもなく他界されたときたが、この名演に敬意を表したい。

<引用>
主演のリチャード・ファーンズワースは2000年10月6日、自宅で短銃自殺しました。享年80歳。末期がんを患っていたとも伝えられています。 デヴィッド・リンチ監督からは、「この役のために生まれてきた役者」と評されたほどの名演だったそうです。また、この作品では第72回アカデミー賞の主演男優賞にノミネートさ れ、最年長ノミネート男優として話題になりました。
[PR]

by kanai_77 | 2005-02-17 20:49 | サ行  

<< 2/25(金)オペラ座の怪人 ★★☆ サボテンの花 ★★★☆ >>