チング ★★★★

a0010906_14393598.jpg久しぶりに号泣してしまった映画。映画館(試写会)で観たのだが、とってもよかった。もちろんただ「泣ける」からいいわけではない。任侠という世界に生まれるべくして生まれた男と、それを取り巻く男・男・男の世界には、甘美なほどに切ない結末(つまり私の大好きなパターン)が待っていた。切ない、といえば、この映画にはオープニングシーンからして、日本の古き良き時代を思い起こさせるような懐かしさがある。
a0010906_1438294.jpg
少年時代だからこそ仲良くしていられて4人が、運命に引き裂かれ、それでも抵抗し、互いの運命に憧れをいただき、その憧れがまた運命にもてあそばれてしまう。a0010906_14383671.jpg役者もいいし、映像もいいし、脚本もいい。観終わってから数週間ものあいだ、心に残った。こんなに感動が長引いた作品は今までにもそうはなかった。少なくとも私が今までに観た韓国映画の中では間違いなくベストと言える作品だった。
[PR]

by kanai_77 | 2004-10-25 14:39 | タ・ナ行  

<< パリ空港の人々 ★★★ 我らの歪んだ英雄 ★★★☆ >>