インソムニア ★★★

a0010906_18171191.jpgつくづく存在感のあるアル・パチーノ。彼が出演すると、映画そのものにリアリティが生まれる。ロビン・ウィリアムスはあまり現実味のない役者だけれど、組み合わせの妙でいいシナジーが出ている。観終わった時は、悪い夢からさめたみたいな気分になった。夜、寝る前にみたのだが、あまりにも精神的臨場感があるので、こっちまで不眠症になって、朝まで眠れなかったくらいだ。

<引用>アラスカで殺人事件が起こり捜査を進めて行くうちに,ある事故を起こしてしまい良心の呵責に苛まれる。そこへ犯人から電話が。ウィル刑事は次第に追いつめられ白夜も重なって不眠症へ・・エンディングまで眠らないアル・パチーノの演技と白夜の映像。監督は「フォロウィング」「メメント」のクリストファー・ノーラン。
[PR]

by kanai_77 | 2004-10-03 18:00 | ア行  

<< 海の上のピアニスト ★★ 或る夜の出来事 ★★★☆ >>