<   2006年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

24 トリビア


ニーナ・マイヤーズ役の女優は「Sarah Clarke」。
『24』での共演が縁で、ジョージ・メイソン役の
「Xander Berkeley」と結婚。シーズン3で登場するニーナのIDカードにはなんと、新姓の本名「Sarah Berkeley」という氏名が刻まれています。スタッフのちょっとしたいたずらでしょうか、それとも本人のIDカードを撮影に使ったのでしょうか。


誕生日が5月5日になってるから小道具ですね。彼女の誕生日は、
Sarah ClarkeのHPのBIOGLAPHYによれば、February 16th, 1972となっていますものね。34歳か。顔が濃い&悪役キャラのせいで、年より老けてみえますね。

ちなみにニーナことSarah Clarkeは、
『ターミネイター2』にも出演しているそうです。
ジョン・コナーが育ての親に電話をすると、その電話口に出た
T-2000に片手で串刺しにされてしまう役だそうです。
うん、そういえばそうだったかも。

他にも『Sex and the City (1998) 』に「Melinda」役で出てるのね。
(episode: "Politically Erect" (episode # 3.2) 11 June 2000)
[PR]

by kanai_77 | 2006-10-13 23:54 | 24シーズン1  

シーズン4(24)06:00:00-07:00:00

ジャックとカーティスはマンディを捕まえ、トニーも無事だった。ジャックは大統領の免責状と引き替えに、マンディからマルワンの居場所を聞きだし、ヘリで現場に急行。ジャックがついに追いつめたと思ったのもつかの間、マルワンは自害してしまう。大惨事は否めない、と誰もが落胆した瞬間、ミサイルの標的がロサンゼルスである、と発覚。だが、もはやミサイルは目の前に迫っていた。

さらに、チェンに尋問され脅されたバーンは恐怖にかられ、総領事館襲撃の全責任者はジャックである、としゃべってしまったのだ。その結果、中国側はローガン大統領にジャックの引き渡しを要求する。

果たしてジャックの運命はーー?
[PR]

by kanai_77 | 2006-10-13 00:06 | 24シーズン4  

シーズン4(23)05:00:00-06:00:00

マルワンの仲間と思われる女はトニーを拉致して逃走。女はマンディだった。マンディはミシェルに電話し、CTUの人間をアパートから遠ざけるよう要求。そして、誰かに言えばトニーを殺す、と脅迫する。途方に暮れるミシェルだったが、やはりブキャナンに報告。現場のジャックたちは要求を飲んだと見せかけ待機。するとトニーらしき男が女と共に出てきて車に乗り込む。その瞬間、車は爆発。
一方、ローガン大統領は中国外務大臣から総領事館襲撃の全責任はアメリカにある、と知らされパーマーを激しく非難。さらにアリバイ工作でサンディエゴに飛んだバーンが、チェンに拘束されてしまう。
[PR]

by kanai_77 | 2006-10-13 00:02 | 24シーズン4  

シーズン4(22)04:00:00-05:00:00

発射されたミサイルは追跡不可能なステルスタイプであった。米国全土が射程距離に入っており、いつどこで爆発してもおかしくない。ジャックは着弾点を特定するには、マルワンの口を割らせるしかないと判断、CTUへ移送して尋問しようとする。
だがその矢先、一味の攻撃を受け、またしてもマルワンを取り逃がしてしまう。唯一の手掛かりであるマルワンの携帯電話を調べると、驚くべき人物の番号が着歴に残っていた……。
[PR]

by kanai_77 | 2006-10-10 21:02 | 24シーズン4  

シーズン4(21)03:00:00-04:00:00

ジャックが指揮した秘密工作の際、中国側の誤射により中国総領事が死亡した。リー拘束にCTUが関与していた証拠を掴んだ総領事館は、ジャックが作戦を率いていたと睨み、ジャックの身辺調査を開始する。
一方瀕死のリーの証言により、マルワンの居場所が判明した。ジャックはチームを編成し、現場の倉庫へと急行する。
[PR]

by kanai_77 | 2006-10-10 20:58 | 24シーズン4  

シーズン4(20)02:00:00-03:00:00


クロエの勇敢なる活躍の成果により、中国の核開発に携わっていた男リー・ヨンがこのテロに関与していたことが判明する。ジャックは中国総領事館に逃げ込んだリーの拘束に向かうが、そこは中国国内、中国首相の許可なく侵入する事はできない。
一方、マルワンが夜明け前にも核爆発を起こそうと計画している事を察知したパーマーは、 領事館の許可を待っていては手遅れになると、ジャックに極秘作戦を命ずる。それは、単独で中国総領事館に突入し、リーの身柄を拘束することであった。 身柄拘束の途中に重傷をおった容疑者リーをCTUに搬送すると、そこではポールのオペの真っ最中であった。しかしジャックはあろうことか、オペ中の医師に銃
を向け、ポールのオペを中止しリーの処置を優先させろと迫る。そんなジャックに食って掛かるオードリー。そしてリーの自白の直後、ポールの心臓は止まり、とうとう帰らぬ人となってしまう。
[PR]

by kanai_77 | 2006-10-09 23:23 | 24シーズン4  

シーズン4(19)01:00:00-02:00:00

大統領の許可を待たずプラドを拷問したジャックは、マルワンの居場所を吐かせる事に成功する。だが、事を知った大統領は激怒し、ジャックを早急に逮捕するようシークレットサービスに命令を下す。ジャックはマルワン捕獲
まで後一歩というところまで迫りながら、シークレットサービスの邪魔により、マルワンを取り逃がしてしまう。この一件に責任を感じ自信を失った大統領は、ある人物に陣頭指揮を執るよう依頼する。
[PR]

by kanai_77 | 2006-10-09 23:18 | 24シーズン4  

シーズン4(18)24:00:00-25:00:00

全米にある核爆弾の所在地と起爆コードがマルワンの手元に渡った。ジャックは数千ある核弾頭の多くが輸送中であることを突き止め、CTUでは全力を挙げて輸送中の兵器の安否を確認する。
だが、マルワンの一味によって核弾頭の一つが強奪されてしまう。ジャックはマルワン一味と深く関わり、核弾頭の行方のカギを握る男、ジョー・プラドを尋問するため、驚くべき手段を取る。
[PR]

by kanai_77 | 2006-10-09 23:14 | 24シーズン4  

シーズン4(17)23:00:00-24:00:00

ステルス戦闘機の爆撃により、エアフォース・ワンは墜落した。ジャックは国防長官の命令を受け、エアフォース・ワンから砂漠地帯へと落下した“核のフットボール”の回収に急行する。フットボールには全米の核兵器の
コードと所在地が入っており、その確保が最優先事項となったのだ。一方、マルワンの狙いもフットボールにあった。一足先にフットボールの在り処に辿り着いたマルワン一味は、ヘリで降り立ったジャックと再び対峙する。
[PR]

by kanai_77 | 2006-10-09 23:11 | 24シーズン4  

シーズン4(16)22:00:00-23:00:00

ジャックが拘束中に残した手掛かりによりマルワンの隠れ家が判明した。CTUは奇襲攻撃を仕掛けるが、直前に気付いたマルワンは証拠となるデータを爆破し、逃亡する。ジャックは焼け跡から元エリート軍人ミッチ・アンダーソンに関する書類を発見、彼のアパートでステルス戦闘機の資料と飛行シミュレータを発見する。
次のテロ標的、それは——!

一方、CTUでは、トニーとミッシェルの距離が微妙になってきていた!!
[PR]

by kanai_77 | 2006-10-09 23:06 | 24シーズン4