シーズン3 フラッシュバックとエピソード 第50〜58話

第58話「裁きの時」Stranger In a Strange Land
ベンの手術跡が感染症を起こし、処置を頼まれたジャックはそれを断る。が、ジュリエットがダニーを殺したことで処刑されると知り、彼女を助けるようベンに取引を申し出る。島には連れ去られたはずのシンディ、エマ、ザックの3人が普通に暮らしているようだが……。

明かされる過去と新情報
ジャックは、プーケットで夜な夜な逢い引きしていたアチャラが、高収入を得ている理由を突き止めようと、彼女を尾行し、その才能について知る。ジャックは、その晩、自分の肩に無理矢理掘らせたタトゥーのせいで、翌朝タイ人にボコボコにされ、すぐに国から出て行くように言われた。「その人が何者か見抜ける」というアチャラは、ジャックのことを「あなたは偉大なリーダー、そのせいで孤独と恐怖と怒りが訪れる」とっていたが、島の保安官にいわせるとそのタトゥーには「我々とともにあり、我々の側でない者」という意味があるらしい。タイで掘ったタトゥーは漢字の部分だけで、星などのマークはまだない。
(ちなみにこのタトゥーは本物=ジャックの私物)


第57話「軌道」Flashes Before Your Eyes
突然、デズモンドが、ジャングルから海を目掛けて走り出す。飛び込んだ先には溺れかけたクレアが。デズモンドから情報を聞き出すため、チャーリーとハーリーは、彼を誘って、マカッチェンという名のスコッチウィスキーを飲みながら宴を始める。デズは、チャーリーが死ぬ姿をフラッシュで見たことを白状する。


明かされる過去と新情報
ハッチの鍵を回したとき、デズモンドはタイムトリップをしていた。彼女が越して来た安アパートの壁を赤く塗り、大実業家である彼女の父親のチャールズに結婚の許しを請いに行くが、くず扱いされ、プライドはズタズタに。その後、路上でライブしているチャーリーに出会い、島での記憶を取り戻すが、指輪を買いにいった骨董屋の老女が、「未来は変えられない、あなたがボタンを押さないと私たち全員が死ぬ」といわれ、結局彼女へのプロポーズもできないまま、再び島で目を覚ますことに。


第56話「偽りの場所」Not In Portland
ベンの暗殺を暴露されたジュリエットは、ジャックの彼の企てを阻止し、ソーヤーとケイトの二人を殺すよう指示を出す。追い込まれたソーヤーとケイト。しかしその前に現れたのは、アレックスだった。ボーイフレンドのカールを救出してくれることを条件に、二人を匿い、小さな船を貸すというアレックス。拷問をうけていたカールを救出し、ようやく船までたどりつくと、追っ手のダニーが。しかし、そのダニーをジュリエットが射殺。ソーヤーとケイトは、ジャックを置き去りにして、元の島へと漕ぎだすのだった。


明かされる過去と新情報
ジュリエットは、故郷のマイアミで、姉を実験台にした不妊治療の研究をしていたが、
その秘密(違法行為)を元夫に握られ、人生に行き詰まっていた。そんなとき、
ダーマと思われる集団に、スカウトを受ける。その夢のような申し入れをなくなく断ると、
その翌日、姉の妊娠が判明、最大の足かせであった元夫が、いい当たったように、
バスに引かれて死ぬ。スカウトの一人はイーサン。ジュリエットはこの島に、
3年2カ月28日いるらしい。


第55話「誓い」I Do
ソーヤーとケイトが労働を強いられているところにアレックスが現れ、二人の救出を試みるが失敗。ジャックに手術を拒まれたベンは最後の手段に出る。ソーヤーを殺すと脅し、ケイトに説得させたのだ。ソーヤーに死の危険が迫っていると悟ったケイトは、檻の中でソーヤーに抱かれる。ジャックは、モニターの中に、その衝撃的なシーンを見てしまい、ついにはベンに「手術してやる」と言い出すのだった。しかし、ジャックは、手術中ベンの血管にわざと傷をつけ、ケイトとソーヤーを逃がす。一方、ロックは、エコーを埋葬しようとして、その遺品に啓示を受ける。


明かされる過去と新情報
ケイトは逃亡先で出会った警官のケビンと結婚していたが、
その結婚生活は長くは続かなかった。


第54話「懺悔」The Cost of Living
ロックに誘われ、デズモンドとサイードはパール基地へ向かう。なぜか、ニッキーとパウロのカップルが参加。パール基地のモニターの一つに眼帯をした男の顔が映る。ロックとチャーリーに救出されたエコーは、朦朧とする意識の中、弟イェミを探して一人ジャングルの中へ。イェミに懺悔するよう促されたエコーが「私は悪いことはしていない。運命を生きただけだ」と告げると、そのイェミは「私が弟だと思ってしゃべっているな」と、わけのわからんことを言う。その直後、エコーは島の黒い煙に地面に叩き付けられ殺されてしまうのだが、ロックに「次は君たちだ」と言い残し、息を引き取る。デズモンドは、チャーリーとクレアのテントの近くに避雷針をたてる。ジャックに秘密を知られてしまったベンは、真実を告白し、手術してくれるよう頼むが、
一方で、ジュリエットは、ビデオの小細工で、「事故に見せかけてベント殺しちゃってほしい」とジャックに頼む。


明かされる過去と新情報
エコーは、ワクチン目的で教会に群がるギャングたちを皆殺しにしていた。
島では、ベンの脊椎に腫瘍があると判った二日後に、オーシャニック航空818便が島に墜落したらしい。ビーチでは、死んだコールのお葬式が行われ、死体は海に流していた。
それにしても、ハウルは、マイケルに継ぐ「ウザキャラ」候補NO.1だね。


第53話「自らのために生きよ」Every Man for Himself
サイードたちからヨットを奪還しにいった「潜水艦」組が帰って来て、サンに撃たれたコールを助けるべく、ジュリエットは監禁中のジャックに協力を求める。そこには誰かのレントゲン写真が!
そんなドサクサにまぎれて、何とか脱出しようと、名詐欺師ソーヤーは作戦を練る。しかし、その一部始終をモニターで監視していたベンに、「心臓にペースメーカーを埋め込んだ」と告げられ、急に大人しくなってしまう。その後、ベンとの山登りの末に、今いる場所がもといた島ではないこと、檻から逃げても島には戻れないことを知り、愕然とする。


明かされる過去と新情報
ソーヤーには子供がいた!しかも女の子! 名前はクレメンタイン! 
詐欺で投獄されていたソーヤーだったが、政府の金をくすねた男から
その金を取り返したことでまんまと釈放され、報奨金を匿名で娘に贈っていた。
頭がよくて、男気があって、ちょっとエッチで、偽悪的だけどほんとはいい奴、って、
“女たらしオーラ”爆裂しすぎでしょ!


第52話「次なる導き」Further Instructions
声が出ない状態で目覚めたロックは、スウェットロッジで、ブーンに会い「お告げ」を受ける。MR.エコーを救うため、チャーリーを連れて、ホッキョクグマの穴蔵へ。帰って来たハーリーが、ジャックたちが捕まっていることを告げると、デズモンドは、「大丈夫、ロックが助けに行くとスピーチで言ってた」という。どうやら彼は、未来が見えるらしい。


明かされる過去と新情報
まだ足も動き、髪の毛もあるロックは、ある雨の日に、ヒッチハイカーのエディを車に乗せ、
自分たちの暮らす村に招き入れる。
エディのTシャツには「ジェロニモジャクソン」のロゴ。父のTシャツだと言う。
ロックが暮らしていた村では、ビニールハウスの中で大麻を栽培していた。
ロックは、やがて彼が実は潜入捜査官だったこと、
自分が騙され利用されていたことを知り愕然とする。


第51話「ガラスのバレリーナ」The Glass Ballerina
ヨットの上でジャックらの帰りを待つサイード、サン、ジンの3人は、やがて桟橋を発見。のろしを焚いて、敵をおびき寄せようとするが、ヨットを奪われてしまう。ケイトとソーヤは、屋外の土木現場でドレイのように働かされる。疲れきってぼろぼろになったケイトを見かねたソーヤが反乱を起こすが、失敗。


明かされる過去と新情報
サンはかつての見合い相手との不倫現場を父親(ペク)に見つかってしまう。
ジンはその男を始末するよう義父(ペク)に命令されるが、殺さずに逃がす。
しかし男は、ジンの目の前で謎の死を遂げる。
ジャックに、故郷アメリカのニュース映像をテレビで見せたベンは、
「いうことをきけば、必ず君を故郷に連れて行く」という。


第50話「囚われた者たち」A Tale of Two Cities
薄暗い部屋(水槽)で目を覚ましたジャック。ガラス越しに話しかけてくるジュリエット。ケイトはシャワーを浴び、ドレスを着てビーチへ。出迎えたのはヘンリー(ベン)だった。檻に入れられていたソーヤは、向かいの檻にいた10代の少年(カール)にそそのかされ脱獄。しかし、すぐにジュリエットに見つかり、吹き矢で捕まってしまう。檻に戻され魚ビスケットをゲットしたときにケイトと再会。冗談で励ます。


明かされる過去と新情報
妻のサラに離婚を迫られたジャックは、その浮気相手をつきとめようと、
やがてストーカーと化し、父さえもと疑う始末。
ベンやジュリエットたちが住む集落には、カルフォルニアあたりにあるようなアメリカンテイストの家が立ち並ぶ。オーブンでパンを焼いたり、CDで音楽を聴いたり、リビングで読書クラブを開いたりする生活。その集落はジャックたちが墜落した島の1区画にある。
[PR]

by kanai_77 | 2007-08-30 01:13 | ロスト LOST S3  

<< シーズン3 エピソード 第59話〜 LOST 今後の展開、大予測!! >>