ロスト シーズン2 登場人物

■新しい登場人物
Mr.エコー Mr. Eko
職業 (神父のフリをした)ギャング
バックグラウンド ナイジェリアで、幼少時代に犯罪グループに拉致されそうになった弟をかばって、神父を射殺。弟の身代わりに自身が連れ去られてしまった。そのままグループの中で成人し、外国から持ち込まれた麻薬を海外に持ち出すため、神父になった弟に協力を求めるが、弟が抵抗した(軍隊を呼んだ)ため、今度は弟が自分の身代わりに、その砲弾に打たれ、プロペラ機に乗り込んで旅立っていった。

島での役割・エピソード 弟を乗せてナイジェリアを飛び立ったはずのプロペラ機が地球の裏側にある太平洋の島に墜落していた事を知り、そこに何らかの意味があると信じる。二人の敵を殴り殺してしまうほどの豪腕だが、悟りきった仙人のように寡黙で冷静。負傷したソーヤを担ぎ、後部座席のメンバーを率いてジャックのいるキャンプへやってきて、神父を名乗り、アーロンを洗礼したり、島に教会を作ったりする。もう一つのハッチ「パール」で、オリエンテーションのビデオを見たロックが、信仰を捨てボタンを押すのをやめてしまっても、彼はそれを引き継ぎ、まるでそれが天命であるかのように、ボタンを押し続ける。ロックがデズモンドとともにハッチに閉じこもると、ダイナマイトでこじ開けようとして、負傷してしまう。


デズモンド Desmond
職業 元英国軍人
バックグラウンド 英国軍人だったが、反逆罪で勾留されていた。金持ちの恋人との交際を、その父親に反対されたデズモンドは、その父親が主催するヨットレースで優勝し、恋人を取り戻そうとしていた。空港で偶然であったリヴィから、夫の形見であるヨットを貰い受け、3年前に海に出たが、難破してこの島にたどり着いた。以前ハッチにいた男を殴り殺してしまい、以来、一人でこのハッチに住んでいた。

島での役割・エピソード ジャックたちがくるまで、3年間ボタンを押し続けていたが、コンピューターを撃ってしまい、もうおしまいだと逃げていく。ヨットで島を飛び出したが、結局また戻ってきてしまう。ロックとともに「ボタンを押さなくても何も起らないこと」を確かめようとするが、直前に真実(自分がボタンを押さなかったために815便が墜落した事)を悟り、決死の覚悟で鍵を回す。


アナ・ルシア Ana Lucia
職業 元ロス市警の警官・空港警備員
バックグラウンド 同棲中の恋人の子供を妊娠していたとき、仕事中に撃たれ一時休職していたが、犯人がわかるとわざと保釈し、自ら銃で撃ち殺した。警察の上司である母親にそれを見抜かれ退職。母親の育て方が影響したのか、いつも自分は嫌われ者だと思っていて、人前では泣けないタイプ。空港で警備員をしているときに、空港のバーでジャックの父親に誘われ、ボディガードとしてシドニーへやってきたが、帰りの便に乗る直前には、同じく空港のバーで、息子のジャックを逆ナンパ。テキーラとニックを奢らせている。

島での役割・エピソード 元警官として、後部座席の生存者たちを守ろうとしたが、次々と死んだり連れ去られたりしたため、過去のトラウマもあいまって警戒心過剰になり、はじめはすごく暴力的。ソーヤを襲ってまで銃を手に入れる者の、報復殺人をしてしまった過去を悔やむあまり、敵の捕虜ヘンリーを撃つ事が出来ず、逆にマイケルに撃たれてしまう。


バーナード Bernard
職業 歯科医
バックグラウンド ローズが余命1年だと知りながらも、ローズに結婚を申し込んだバーナードは、ローズの病気を治せる人物に引き会わせるため、はるばるシドニーまでやってきたのだった。そのおかげで妻の病気が治ったと信じている。
島での役割・エピソード 妻のローズを愛している、単細胞なおっちゃん。発想が安直で無知。妻の誕生日プレゼントにと海岸で真珠を探したりする。救出されるためSOSを海岸に書こうとするが、リーダーの素質(人望)ゼロで、あえなく挫折。妻のローズに真実をきかされ、島での生活を受け入れる。


ローズ Rose
職業 主婦
バックグラウンド ガンで余命1年だといわれていたある雪の日、バーナードと出会い熟年結婚。バーナードが引き合わせた信仰治療師には、「あなたは治せない」といわれたが、夫をがっかりさせたくないと「あなたのおかげで治った」と嘘をつく。シドニー空港で、車椅子姿のロックに薬を拾ってもらった事を覚えている。
島での役割・エピソード 夫の為にチョコレートバーを食べずに取っておく。ハーリーを励まし、食料の棚卸を手伝う。墜落してから体の調子がいいことに気づき、さらにはロックが歩いているのを見て、島の力を確信。もともと肝の座ったおばちゃんで、洗濯機や乾燥機は使わない。


リビー Libby
職業 臨床心理士
バックグラウンド 夫を亡くし、途方に暮れていたとき、デズモンドと出会い、形見のヨットを譲る。もとはハーリーとおなじ病院に入院していた事もある。謎が多い。
島での役割・エピソード 臨床心理士として、ケガしたソーヤを励ましたり、クレアの記憶を取り戻したり、ハーリーの過食症を治したりする。ハーリーとのピクニックデートのため、毛布を取りにハッチに戻ったとき、マイケルに撃たれてしまう。ショック状態になり、ジャックにマリファナを撃たれて死ぬ。


Nathanネイサン Nathan
アザーズと間違われ、
アナ=ルシアに監禁された後、グッドウィンに殺される。


シンディ Cindy
キャビンアテンダントとして815便に乗った。
後部座席のエコーやアナルシアとともに過ごしていたが、
ジャックたちのキャンプに向かう途中、他の者たちに連れ去られてしまう。



Henryと名乗る謎の男


ヒゲの男
他の者たち
ケイトを人質に、協定を結ぼうと提案。ツケヒゲか?



ジェラルド・デグルート  Gerald DeGroot
地下施設の解説フィルムに登場。
"The Dharma Initiative" の創始者。



カレン  Karen
ジェラルドのパートナー。


アルバー・ハンソ  Alvar Hanso
解説フィルムに写っていた
"The Dharma Initiative" を支援する謎の人物。



マービン・キャンドル博士 Marvin Candle
"スワン"基地の解説フィルムに登場。
左腕が義手のように見える。マーク・ウィックマンド博士とは別人? 双子か?



マーク・ウィックマンド博士 Marc Wickmund
"パール"基地 の解説ビデオに登場した人。
左腕がある。同じ人だとおもってたけど、違ったのね。
名字も違うけど、この二人も「悪い双子」かしら?


[PR]

by kanai_77 | 2007-05-03 21:30 | ロスト LOST S2  

<< シーズン3 エピソード1 ロスト LOST S2 登場人... >>